北海道

久しぶりの北海道。20年前の夏にGAIAで働き出したばかりの頃、その時の生産者小清水の千葉さんの農場に10日間くらい援農に行きました。その時は青森から船で渡り、そこからヒッチハイクで4~5台乗せてもらい、中にはご飯までご馳走してくれる方もいて、北海道いいところだなあという記憶が残ってます。それから10年後ぐらいに縁あって、北見の秋場さんの農場に3泊4日させていただいたことがあります。今回は大学時代の遊び含めて、4度目の北海道。上野発19:03の寝台電車「北斗星」で札幌着11:15そこから池田14:27と長い電車の旅へ。
目的はGAIAの小豆の生産者でもあり、毎(木)入荷の旨い豆腐、厚揚げの稲本豆腐店の大豆の生産者でも平譯 優さんを訪ねてきました。
「北斗星」時間はかかりますが、素敵な乗り物です。無くしてはならないものだなと思いました。
a0111357_16332296.jpg
a0111357_16334180.jpg
a0111357_1634533.jpg
a0111357_1638278.jpg

何年ぶりの食堂車だろうか?夜はおもいっきり寝てしまって、行けませんでした。21時~6:30まで最近の中で一番寝てるかも。
朝6:30~朝食です。中身はたいしたことありませんが、天気もよく、すごくいい空間でした。

a0111357_16381676.jpg

札幌から乗り継いで、池田まで更に2時間30分。
20年近く大地より仕入れさせて頂いて、初めてお会いします。
a0111357_16462527.jpg

平譯 優さんです。初めてお会いして、2人で温泉ホテルに泊まり、風呂に入り、東京で見かけなくなったようなスナックでウイスキーと焼酎で乾杯!1泊2日でしたが平譯さんの人柄が良さがとても心地よく楽しいひと時でした。新しい出会いが自分にも大きいパワーになりました。
a0111357_16464013.jpg

a0111357_1647253.jpg

収穫した豆を積んでこのようにして乾かします。この時期のシベリアからの風が非常に重要らしいです。
こちらでは「鳰(にゅう)」と言うようです。
成田の落花生では「のう」と言ってました。
a0111357_16473099.jpg
a0111357_16474434.jpg

車を走らせていて、急にUターン何かと思えば、知り合いが古い道具で豆を脱穀してるのが見えたので、見せようと思って寄ってくれました
なかなか今使っている人はいないようです。
豆落としと言ってました。
a0111357_1648957.jpg

平譯さんは家にはあるらしいが、使ったことはないと言ってました。
やってみたいらしく、変わってもらってましたが、腰がおかしいと言われてました。

a0111357_16483081.jpg
a0111357_16484991.jpg

小さい豆や小石を取除く原始的な道具。
これはまだ売った事がありません、「紅しぼり」と言います。

a0111357_1649579.jpg

これまた懐かしい秤。実家の米屋にもありました。子どもの頃よくこれで遊んでました。


a0111357_16492198.jpg

黒豆は生育段階で皮が豆にくっついてしまうらしい。いい農薬があるみたいですが、また収穫したあとにもこれを取る薬があるみたいなのですが・・・・・
このままで売れたらいいなあと言われたのですが、どうでしょう?
21年産の小豆も十分うまいですよ!
a0111357_16494373.jpg

その選別をずっとやってました。
21年産ですが、木曜日にGAIAに40キロ届きます。
今、黒豆どこにもないのですぐ売れてしまいます。
現地に行かないと見えないこと多いです。


a0111357_1650720.jpg

平譯さん全部で約25町歩(緑肥も含めて)とにかく広い。一区画が3~5町歩という規模のでかさ。
来週には紅しぼり、手亡豆、赤、白金時豆、中長うずら豆、とら豆の新豆がお茶の水、代々木上原両店に届きます。


a0111357_16502395.jpg

新物の小豆、今年は猛暑の影響でつるがひからびず、青々していて、小豆が良くないみたいです。
こんな感じでこれから1に選別、2に選別のようです。秋から冬はひたすら選別作業、冬は-25度になる地域です。
21年産の小豆ですが只今SALE中です、十分うまいです
by gaiamakanai | 2010-10-18 17:37